アメリカ人 恋愛 スキンシップ
photo by Raul Lieberwirth

アメリカ人との恋愛には、積極的にスキンシップすべき!?

国際恋愛をしていて気づくのが、日本人にとっては馴染みのない習慣であるスキンシップ文化。

初対面の人にも気軽に握手を求めたり、出会い頭やお別れ時のハグは当然のこと。さらに、挨拶かわりに頬に軽くキスなんてのは、外国人同士では日常茶飯事です。

 

もちろん、すべての外国人がスキンシップが好きというわけではないし、日本人であってもスキンシップが大好き!という方もいることでしょう。

映画やテレビでよく目にするスキンシップですが、実際に自分がされる立場、する立場になると少し躊躇してしまうのでしゃないでしょうか。

 

このスキンシップ、国際恋愛をしていく上でとても大切なツールになります。

日本人は気持ちを直接伝えたり、口に出して言うことを苦手としており、間接的な愛情表現が多いですよね。言葉にしなかった結果、付き合ってる相手に対して「言ってくれなくちゃわからない!」なんてイライラしてしまうことも多々。

反対に、外国人は直接的な表現を好むので、行動に移す決断力が早いです。

その結果がスキンシップに繋がります。相手が好きだからハグをする。相手に自分の愛情を伝えたいからキスをする。それが当たり前なんですね。

 

普段のさり気ない行動がスキンシップの鍵になります。

外国人の男性とデートでレストランに行った時、彼がお店のドアと開けてくれたり、椅子を引いてエスコートしてくれた事はありませんか?

いわゆるレディーファーストの精神ですが、この行動力が「僕はあなたのことを想ってますよ」と言う現れなのです。

 

日本人にはあまり見られないこの愛情表現の仕方ですが、最初は戸惑うこともあるでしょう。

ですが、例えば、外国人のパートナーと喧嘩をして、話し合って解決したとしても、ハグをしてお別れするのも、そのままバイバイまた明日と別れる、のではお互いの信頼度も違ってきます。

 

公共の場でキスやハグをするが恥ずかしいのであれば、頬にキスでもいいのです。

 

別れ際に少しだけキスを自分からしてみるなど、思い切って行動にしてみましょう。

慣れてしまえば、「私はこれだけあなたのことが大切ですよ」という暗黙のメッセージになります。そしてより良い恋愛関係を築いていけることまちがいなしです。

直接言うのは苦手、でも行動力で自分の気持ちを表すにはもってこいのスキンシップ、ぜひぜひ活用してみたいものです。

 

アメリカ人 恋愛 スキンシップ02
Photo by John Wisemen

アメリカ人男性との恋愛で、スキンシップはどうしてた?体験談(口コミ4件)

↓  ↓

■口コミ1

挨拶がキスと日本人からすれば、スキンシップが多そうなアメリカ人男性も、付き合う前と後ではスキンシップに差があります。

特に見極めやすいのが「相手の腰を持つかどうか」です。

相手の女性の腰を持ってエスコートしようとしたり、ボディタッチをしようとする場合は相手が好きな人だったり、既に交際中の女性の場合に限られてきます。スキンシップの多いアメリカでも腰を持つというのは親しい間柄ではないとしないものです。

 

実際に私もアメリカ人の男友達と遊びに行った時に腰に手を回され、「アメリカ人だからこれが普通」と考えていたのですが彼からすれば思い切った行動だったようです。

アメリカ人だからと言って、過剰なスキンシップは好意のある人だけにするものだそうです。

 

■口コミ2

私はアメリカ人男性と日本国内外を含めて付き合ったことが有るのですが、どこにいるアメリカ人でもスキンシップの仕方は同じかな、と思いました。

というのも、付き合う前はそれほどスキンシップを取るといっても挨拶代わりに軽いハグ程度でした。

しかし、付き合い始めると手を握ってきたり、後ろからギュッとハグしてきたり、頬や額等に軽くチュッとしてきたりすることがすごく増えるようになって、どちらかというと付き合い始めるとスキンシップを常に取るようになりました。

 

ただ、アメリカ人の彼も私が日本人だということをもちろん知っているので、日本にいるアメリカ人と付き合っていた場合にはそういうスキンシップもある程度場所とかを選ぶようにしてくれていました。

ただ、アメリカにいたりその他の外国で付き合っていたアメリカ人は、結構場所とかを気にすることもなくスキンシップを取って来ていたので、もしも相手のアメリカ人が日本に住んでいる場合にはスキンシップも少し控えめになると思います。

 

私がアメリカ人の彼にとっていたスキンシップとしては、手を握ったり座っている彼の後ろからハグしたりということが多かったです。

ただ、日本に居た時は人の目とかも有るので、手を握って歩いたりする程度にしていましたが、もしアメリカ人と付き合う場合には別にどこにいても出来るようなスキンシップ、例えば手を握って歩くとか軽くハグをしたりすると良いと思います。

 

アメリカ人男性は大抵の場合スキンシップが好きなので、彼の様子を見ながら彼が気に入ってくれるスキンシップ方法を見つけて、後はスキンシップを取る場所とかを考慮しながらすると良いと思います。

 

■口コミ3

アメリカ人の男性は、他人と自分の距離感がはっきりしていました。

好きな人の距離と赤の他人の距離は見てもわかるほどで、自分の50センチ以内には、友人や恋人、家族以外には近づかせません。

 

なので、恋人ならば常に20センチ以内にいないと、自分のことに興味がなくなったのかな・・と思われてしまうので、その距離をキープすることは大切で、さらにはできる限りはスキンシップをとっている状態でいることが必要でした。

例えば、一緒にいる時は必ず体の一部を接触させておく「手をつなぐ、腕をからませる、腰や肩に手をまわす」等です。

 

気持ちが盛り上がったときは、人前でも頬や口にキスをされることもありますが、恋愛中は当たり前のことなので、拒まず受け入れるしかありませんでした。

 

■口コミ4

スキンシップは非常に多かったです。

ただ、付き合う前は手をつないだり体に触れてくる程度でそれ以上のことは何かをしてくるということもなく、そういう点ではアメリカ人男性も日本人男性も同じなのではないかなと思います。

 

それ以降のスキンシップは圧倒的にアメリカ人男性の方が多いです。頻度という面でもかなり多いですし何よりも何振りかまわず外でもスキンシップをしてくるので私には抵抗がありました。

私は嫌だとは言いませんでしたが、日本ではこうなんだよということをまずは伝えて理解をして頂きました。スキンシップ自体が悪いとは私は思わないので、場をわきまえてしてねと伝えました。

やはり育った場所が違ったり文化の違いがあったりすると大変なことはありますがしっかりと相談すると理解してくれました。

 

アメリカ人との真面目な出会いなら、このアプリ!

アメリカ人とまったく出会いがない、もしくは出会いが欲しいという方におすすめなのが世界最大級の恋愛・結婚マッチングSNSサイト『マッチ』です。(世界25カ国で展開・日本会員数も187万人以上いる有名サイトです。)

外国人との付き合いたい方に一番のおすすめSNSです。

■国内はもちろん世界中にいる多数の会員数が超魅力的!

■職業・年収・趣味・喫煙・子供の希望など40個以上のプロフィールから検索可能。

■不審な会員は強制退会になりサクラを排除

■相手との連絡は匿名アドレスでメール・チャットを利用するので安心

■カスタマーサービスで年中無休で対応

登録は無料なので安心♪▼ ▼

⇒マッチ公式ページはこちら