カリフォルニア
Photo by Florent Lamoureux

アメリカ人彼氏との喧嘩の原因は何だった?(口コミ5件)

↓  ↓

■口コミ1

大学生の時に同じ大学に交換留学で来ていたアメリカ人と付き合っていました。

彼は日本語の読み書きは上手でしたが、話すのは苦手なようでした。ですので彼との会話はほとんどが英語でした。

 

付き合っている間、かなり喧嘩をしたと思います。今思えばどれも些細なことでした。

 

例えば、二人で彼の好きな映画を見た後、彼は饒舌で映画の感想を言うのですが、私はもともと関心のないジャンルの映画だったので、フンフンと相槌を打って聞き手にまわりました。

すると彼が、「なんでもっと真剣に聞いてくれないんだ!ちゃんと君の意見も聞かせてくれ!」と急に怒り出しました。

彼としてはもっと映画について熱く語り合いたかったそうで、ただ相槌を打っていただけの私が不愉快だったそうです。

 

他にはデートプランのことで揉めたり、言葉の勘違いや文化の違いなど、本当に些細なことで喧嘩しました。一旦喧嘩になると、ガンガン言葉で攻められました。

私は英語が堪能ではなかったので、英語では言いたいことが上手く言えず、結局最後は早く喧嘩を終わらせたくて私から折れて謝っていたように思います。

そうすると不思議と彼も謝ってくれて、お互い謝ることで仲直りしていました。アメリカ人男性は自分から謝るのは苦手なようです。

 

■口コミ2

日本の人から見て、アメリカ人は自由奔放で陽気で、何だかとてもハッピーな人たちに思えるかもしれません。そのイメージは結構当たっています。

しかし、日本の一般的な方々が思っているほど、彼らはハッピーではありません。

 

アメリカ人の方々というのは、初対面では驚くほど親しみやすいです。明るくて、褒め上手でとても気さくに話してくれます。

しかし、内面には闇を抱えている方々がとても多く、嫌味な人や気難しい人も実はとても多いです。

 

ですから、実際に付き合ってみると、そういった闇に必ずぶち当たります。

でも、どこの国の人でも大なり小なり闇の部分は持っているわけですから、本当にアメリカ人男性と交際したいなら、あまり深刻にならずに前向きにトライしてみて下さい。

 

具体的に私の経験を用いて例をあげてみますが、私がアメリカ人男性と付き合っていたときの喧嘩はだいたい2種類でした。

彼が、調子に乗って無礼な言動や行動で私を怒らせるか、彼の気難しさから口論になるパターンです。

 

日本人男性に比べて、格段に安請け合いすることが多いですし、あまり深く考えるという事がない、そして、女性っぽい感じというか変に神経質な男性も多いです。

アメリカ人男性と付き合う際は、こういった側面に振り回されないで、自分の幸せを第一に、楽しみながら交際してみて下さい。

 

■口コミ3

日本人と違い、アメリカ人はYes・Noがはっきりしています。

もちろん白黒はっきりしているのは良いことですが、シチュエーションによってはそれがマイナスに働くこともあります。

 

彼と私が喧嘩になったのは公共の場でのスキンシップについてです。

電車に乗っていても、カフェでお茶をしていても、友達や家族の前でもハグやキスを所かまわずしてくる彼に、公共の場ではできるだけそういうことはせずに手をつなぐぐらいでいたいことを“柔らかく”伝えました。

日本とアメリカの文化は全く違うものです。

 

しかしこの“柔らかく”が彼にとってはイラっとする原因だったのです。

彼の立場からしたら、嫌なものに対しては前置きなどいらず、ストレートに伝えるべきだという主張でした。しかし、こちらの立場からしたら、いかに相手を傷つけずに思いを伝えるかが大切です。

 

自己主張が強い彼には、この日本人の感覚が全く理解できなかったようです。

いくらこちらが理由を説明しても、状況は悪化するばかりでしたので、そのことには触れずこちらが我慢することで何とかことは収まりました。

とはいっても、その後も同じようなことで何度もぶつかることがあり、180°考えが異なる彼とはお別れしました。

アメリカ人の恋愛での別れ方って、どんな感じなの?

 

■口コミ4

1年弱付き合った彼氏とはアメリカ人と日本人だからといって、育った環境による喧嘩は全くありませんでした。むしろ色んな話が新鮮で楽しかったです。

そんな彼との喧嘩の主な原因は私が英語を話したがらないことでした。

 

日本で付き合っていて、彼も当分日本にいる予定でした。カリフォルニアのアジア人が多い地域で育っている彼は日本語が流暢な人だったので、私たちの日常会話は日本語でした。

しかし留学経験のある私とよく英語で話したがり、私もそれに素直に応じれば良かったのですが、ネイティブの彼に下手だと思われるのが嫌で、(プライドが邪魔をして)英語で話したくありませんでした。

「そんなんじゃ両親にも紹介できない。」や「自分の気持ちは母国語の英語が一番伝わる。」とよく言っていました。

 

当時は言葉の壁ってあるんだなあと思っていましたが、今は自分の問題だと思っています。

けれど、私は日本語の方が自分の気持ちを伝えられるので、コミュニケーションの程よい手段がお互いに見つけられたら何か変わっていたのかなぁと思います。

 

■口コミ5

英会話スクールで講師をしているアメリカ人の彼氏とのケンカの内容はもっぱら女性関係でした。

アメリカ人はフランクに人と接することが多いので相手の女性も勘違いしやすいのです。

 

もっとも、彼も全くその気はないわけではないのでしょうが、気軽に誰とでも付き合うことですぐに連絡先を教えてしまいラインやメールがたくさん送られてきたり、軽い気持ちで食事に出かけることで私に誤解されやすくてケンカが勃発します。

また、フランクなので親しい人にはハグしたり、キスすることもあり、相手が女性だとイライラしてしまう自分がいます。
本人に全く反省の色がないので余計に腹が立ちました。
いつも、彼の女性関係が気になり些細な事でケンカが絶えなかったので、結局一年足らずで別れてしまいました。

 

アメリカ人との真面目な出会いなら、このアプリ!

アメリカ人とまったく出会いがない、もしくは出会いが欲しいという方におすすめなのが世界最大級の恋愛・結婚マッチングSNSサイト『マッチ』です。(世界25カ国で展開・日本会員数も187万人以上いる有名サイトです。)

外国人との付き合いたい方に一番のおすすめSNSです。

■国内はもちろん世界中にいる多数の会員数が超魅力的!

■職業・年収・趣味・喫煙・子供の希望など40個以上のプロフィールから検索可能。

■不審な会員は強制退会になりサクラを排除

■相手との連絡は匿名アドレスでメール・チャットを利用するので安心

■カスタマーサービスで年中無休で対応

登録は無料なので安心♪▼ ▼

⇒マッチ公式ページはこちら