イタリア人との出会い体験談~ホテルのアルバイトでイタリア人女性と出会う

大学生のころ、地元のホテルでアルバイトをしていたときに、私はイタリアから来た女性に出会いました。

 

地元は観光名所なので、海外から訪れる観光客も珍しくはありません

ただやはりイタリアからというのは珍しく、彼女を含む女性ばかりの三人のグループには日本語を話せる人がいなかったので、イタリア語を少しばかりかじったことのある私に白羽の矢が立ち、お客様として接していくことになったのが始まりでした。

 

彼女はグループの中でも特に素っ頓狂な人で、滞在している間は色々と問題を起こしてくれました。

彼女がトラブルを起こすたびに対応に追われ、ホテル内だけではなく周辺の観光スポットをも駆け回りながら、私は怒涛の二週間あまりを過ごすことになったわけです。

 

そして最終日、観光を終えて予定通りに帰る彼女を、見送るときに私は驚きの告白をされることになりました。まさか恋人としてこれからもやり取りを続けたいなんてことを言われるとは思いませんでしたから、本当にびっくりしましたね。

しかし私の方も、付き合うとかは考えていなかったとはいえ、彼女のことはきれいだなと好印象を抱いていたので、このまま別れるのは惜しいなと感じ、据え膳くわぬは男の恥と連絡先を交換しました。

 

交際はメールと電話、時々テレビ電話と文明の利器を駆使して続いていきました。

彼女はメールもハイテンションで、言語の壁以前に何を言っているかわからないことも多かったですが、辞書を片手に翻訳ソフトを使用して何とか読み取っていきましたね。彼女の方もそんな感じだったと聞いています。

 

彼女と付き合っていって、私はイタリア語がどんどん上達していきました。

もともと片言ぐらいしか話せなかった英語を超えて、日本語の次に話せる言葉になっていました。彼女から好きな映画や音楽や、そういうものを教えられてよく聞いていたので、そのおかげもあると思います。

どんな教材やテキストより効果的な勉強法でした。

 

付き合って半年たったころに、私は彼女に会いにイタリアに行きました。

バイトで稼いだお金を貯めて、それでも一週間ほどの滞在しかできなかったのは残念でしたが、彼女のガイドの元イタリアの、ローマの様々なスポットを回れて楽しい時間を過ごせました。

宿はちゃんとホテルをとりましたが、一人暮らしをしている彼女の家にも遊びに行きました。

 

その後も彼女とはやり取りを続けていたのですが、交際から一年の記念日に、私は彼女に縁談が来ていることを打ち明けられました。彼女は断るつもりと言っていましたが、私はなんだか申し訳なくなってしまって、別れようといいました。

 

怒った彼女と音信不通になって、私は連絡ができないまま引っ越しをして住所も電話番号も変わってそれきりです。
どうすれば違う結末が迎えられたのか、考えてもわかりません。

ただ中途半端な私には、彼女と結ばれるための行動力や積極性や、あらゆるものが圧倒的に足りなかったのだと今は思います。


アメリカ人の恋人探しはこちら!
▼  ▼

usadeai




サブコンテンツ

このページの先頭へ