インドネシア人女性との出会い体験談その1~バリ島へのバカンスでの出会い

私は以前、インドネシア人の女性とお付き合いしていました。

残念ながら様々な理由から現在は別れてしまったのですが、この経験は私の人生にとって、人間的に成長させてくれた大きな出来事でした。

このような経験をなさっている方はあまりいないと思いましたので、私事で恐縮ですが、もし外国人の方とこれからお付き合いを考えておられる方の参考になれば、との思いから執筆いたしました。

 

早速ですが、私がこの外国人の女性と出会ったのは、バリ島にバカンスに行った事がきっかけで知り合いました。
この旅行は勤めている企業で1ヶ月の長期の夏休みがいただけので、2週間の予定でバリ島への一人旅を計画しました。

自由な休暇を楽しみたかったためツアーではなく、飛行機のチケットだけ予約して、あとは現地に行って宿泊するホテル等は1泊目を予約し、あとは現地で探そうと思っていました。

しかし、バリ島を訪れるのは初めてだったので、あらかじめ日本で現地ガイドは依頼しておきました。

 

この時のガイドについてくれたのが彼女だったのです。彼女はバリ島に暮らすインドネシア人でした。

はじめは親切に案内してくれるし可愛い子だなあ、くらいにしか思っていなかったのですが、何日かバリ島を案内してもらううちに、彼女のキュートな笑顔に私の気持ちに変化が現れてきました。

実際はこの時には何もなかったのですが、ガイドが終わる最終日に、私から次回バリ島を訪れた時にもガイドをお願いしたいと行って、連絡先を教えてもらいました。

 

帰国してしばらくは連絡を取らなかったのですが、ある時彼女からメールで連絡がありました。はじめはガイドのお礼などの内容だったのですが、徐々に頻繁にメールするような仲になったのです。

しかし1年ほど経った時に偶然、私のバリ島への出向が決まったのです。これは私の勤める会社の現地に支社を立ち上げるための2年間の出向でした。

実は会社でこの立ち上げの募集があったのですが、私はこれはチャンスだと思い真っ先に申請を出したのです。バリ行きが決まった時に彼女にメールをすると、大変喜んでくれて、落ち着いたら現地で再開の約束をしたのです。
彼女も私に好意を抱いていてくれたので、再開してから付き合うまでに時間はかかりませんでした。

 

付き合うまでは順調だったのですが、バリ島は彼女も含めてイスラム教の方が大変多くいらっしゃる場所ですので、結婚前の男女が一緒にいるこ事は良くないこととされています。

バリ島は割と緩めなイスラム教ではあったのですが、さすがに男女間には厳しかったので、周りの方には結婚していると偽ってしばらく同棲をしていました。これは結構苦労した点でした。

 

文化の違いは大きくて大変なことも多かったのですが、この経験は私の視野を大きくしてくれ、大変意味のある同棲生活でした。
ただ、物価価値は日本よりもかなり低く、お金目当てに近寄ってくる女性も多くいるので、見極める必要もあるかとおもいます。

最終的にはやはり宗教の問題で色々あったので、2年経つ前に交際は破綻してしまいました。現在は日本に戻っていますが、先に申したように時々は彼女がメールでバリ島の状況などを知らせてくれています。

私は1年と少しで別れてしまいましたが、外国人、日本人に関わらず、お互いを認め合う事が長続きする秘訣ではないかとおもいます。

 

 

インドネシア人男性との出会い体験談その2~インドネシア人と恋愛・結婚は宗教の理解がポイント!

高校生の時から外国文化に興味を持つようになり、異文化に触れた生活をしたいと思うようになったので、結婚するなら外国人か外国に関わりのある人にしようと決めていました。

そのため、大学への進学を機に、外国人と密接な関わりのある地域に住もうと決めました。
見事志望の大学に合格することができ、大学の授業では文化人類学など異文化の知識を学ぶことが出来ました。

 

英語で実際に会話をすることは苦手だったのですが、大学で外国人と交流する機会があれば臆することなく積極的に参加をし、やがて地域の交流イベントにも参加するようになりました。

そしてそろそろ良い人と出会いたいと思っていたちょうどその頃、ある男性を見てハッとさせられる出来事がありました。

その人はインドネシア人で、彼の笑顔に目が離せなくなり、無意識のうちに目で彼を追っていました。遠くから見ていただけだったのでその日はなにもなく、そのまま彼は帰ってしまいました。

 

それからもしばらく交流イベントに参加をしていたのですが、長らく彼に会うことはありませんでした。

そして4、5か月が経った頃、再び彼に会うことが出来ました。今度は至近距離にいたので、自然と彼と話す機会に恵まれました。

ほんの少し話せただけでしたが、彼の明るさにますます惹かれました。

そして次の日には、外国人のために開催された日本料理の教室にボランティアで参加することになり、彼もその料理教室に来ていました。

その料理教室では口数は少ないものの彼が常に私の傍にいるようになったので、彼も好意があることが伝わりました。

料理教室の最後に連絡先を交換し、何日に1回かの頻度で電話をするようになりました。そしてやがて二人で出かけるようになり、トントン拍子で付き合うことになりました。

 

まだ日本語がたどたどしいところがありましたが、既に2年間日本に滞在していたので、ある程度の日常会話はできていました。お互いに英語はあまりできなかったので、日常会話は自然と日本語になりました。

付き合っていく中で日本語は少しずつ上達をしていったのですが、細かい気持ちのニュアンスは伝わりづらく、もどかしい思いをしたことがありました。

 

宗教もイスラム教で、結婚をすれば同じイスラム教にならなければならなかったので、好奇心で異文化に触れた生活がしたいと思っていた自分は甘かったと思いました。

しかし、少しずつ宗教について勉強するうちに理解ができることも増えていきましたし、うまく相手に気持ちが伝わらない時も、分かりやすいように伝えていくことでなんとかすることが出来ました。

宗教や生まれた国は違いましたが、日本人同士でもなかなかうまく分かり合えないことは多いと思うので、思いやる気持ちがあれば、特に大きな問題はありませんでした。

 

結婚してからも2人きりですと、普通の穏やかで平凡な生活を送っているという感覚でいます。

夫が外国人なだけあって、交流する人は夫と同じインドネシア人が特に多く、他の国の人も多いので、相変わらず様々な文化に触れ合う日常を送ることが出来て楽しく暮らしています。

 

マッチドットコム
アメリカ人とまったく出会いがない、もしくは出会いが欲しいという方におすすめなのが世界最大級の恋愛・結婚マッチングSNSサイト『マッチドットコム』です。(世界25カ国で展開・日本会員数も187万人以上いる有名サイトです。)

外国人との付き合いたい方に一番のおすすめSNSです。



■国内はもちろん世界中にいる多数の会員数が超魅力的!

■職業・年収・趣味・喫煙・子供の希望など40個以上のプロフィールから検索可能。

■不審な会員は強制退会になりサクラを排除

■相手との連絡は匿名アドレスでメール・チャットを利用するので安心

■カスタマーサービスで年中無休で対応


登録は無料なので安心♪▼ ▼

⇒マッチ・ドットコム公式ページはこちら