イタリア人との出会い・恋愛体験談~イタリア旅行でイタリア人と出会い結婚へ

私がイタリア人の夫と出会ったのは、私がイタリア短期留学を終えて日本人の友達とイタリア国内を旅行しているときのことでした。

 

ちょうどミラノで行われていた音楽のフェスティバルに友達と参加したのですが、その場で現在の夫と知り合いました。音楽の趣味が合ったため、意気投合して、私が日本に帰った後も連絡を取るようになりました。

 

彼は英語が話せず、意思の疎通はすべてイタリア語でした。私はまだイタリア語があまり上手ではなかったため、伝えたいことが上手く伝わらないこともありました。

もっと彼と分かりあいたい、イタリア語を上手に使えるようになりたいという思いが強く、再びイタリア留学をすることにしました。

 

すでに短期留学をしたことがあった語学学校の雰囲気がとても良く、先生がとても親身になって分かりやすく教えてくれたため、またイタリア語を勉強するならその学校に行きたいと思っていた私は、彼の住んでいる地域からは600㎞離れた語学学校に通うことにしました。

会えるのは週末だけでしたが、それでも1週間に一度会えるだけで私は幸せでした。語学力が上がって、どんどん言いたいことが上手く言えるようになっていくのも、とても嬉しかったです。

私が帰国する日が迫ってきたころ、二人の今後をどうするかという話し合いをし、私たちは結婚をすることに決めました。
あれから16年。私たち夫婦はいまだに周りが羨むほど仲がいいです。

当然、喧嘩もします。意見がまったく合わなくてぶつかり合うこともあります。でも、なるべくお互いの意見を尊重するようにしています。片方だけの意見を通すのではなく、納得いくまで話し合って解決するようにしています。

国際結婚をしてから実感したことがあるのですが、それは、生まれ育った国が違っても、文化や言葉が違っても、お互いが分かり合えれば、関係が上手く続くということです。

 

同じ日本人でも、長続きする人と長続きしない人といますよね。それと同じことです。世界は一つなんだな、と実感しました。国際結婚をして、お互い世界が広がり、人間として成長したと私たちは思っています。

お互いの国に興味を持つようになり、お互いの国の文化について、歴史について、いろいろ話し合ううちに、いろいろなことを吸収できるようになりました。

こういう文化が根付いている国で生まれ育ったからこそ、こういう考え方をするんだな、ということにも気づけます。そういうことを考慮に入れた上で話し合うと、お互いをもっと理解できるようになります。

相手の国に住むことになった時、そういう話し合いの経験が、現地の人たちと上手くやっていくコツにもなると思います。
外国で生まれ育った人との恋愛は、最初のうちはとても新鮮です。

そのうち考え方の違いでぶつかることがあるかもしれません。そういう時、何が問題なのか、とことんまで話し合って上手く乗り越えていくのが長続きの秘訣だと私は思います。

 

関連⇒イタリア人との恋愛体験談~ホテルのアルバイトでイタリア人女性と出会う


アメリカ人の恋人探しはこちら!
▼  ▼

usadeai




サブコンテンツ

このページの先頭へ