スイス人男性との出会い体験談~ヨーロッパ人は積極的で、歯が浮くようなセリフを平気で吐くロマンチスト!

スイス人男性との出会い体験談

Photo by Michael Groove

 

私の在籍していた大学の交換留学プロジェクトにて、イギリスの某大学に1年間ほど留学していたことがあります。

そのときに、私は外国人と付き合いました。ちなみに、学生にありがちな出会って1ヶ月もたたないうちでの交際です。

 

付き合っていた相手は、スイス人の男性です。

ヨーロッパでは、イギリスやフランスの大学に進学することが結構あるようで、彼もそのうちの一人だったのですよね。

とは言え、私からすれば見た目による違いはよくわかりません。話してみて、彼がスイス人であること、それにヨーロッパのうちいくつかの国で生活していたことがあることなどを知りました。

 

そしてまあヨーロッパの人、とくに冬が寒い地域の人は、恋愛にストイックなイメージを勝手に持っていたのですが、実は結構違うのですよね。

実はめっちゃ積極的で、歯が浮くようなセリフを平気で吐けるぐらいにロマンチストであり、恋愛体質な若者が多いのですよ。それが結構意外でした。

 

実は私は中学生、高校生の頃にも何度かヨーロッパに住んだことがあったのですが、まだ10代の子どもでしたし、日本人学校に入っていたということもあって、あまり色恋沙汰には縁がなかったのです。

もしかしたら私が気がついていなかっただけなのかも知れませんが。

 

けれども大学生の年齢ともなりますと、みんな恋愛に積極的ですし、そりゃあ私だって気がつきますよ。それに、スイス人もそうですが、フランス人やその他の外国の人も、やっぱりジャパニーズカルチャーに興味津々なのですよね。

 

それでたくさん会話をしているうちに、だんだん仲良くなっていくのです。

そして、こっちもイケメンにアプローチされるのは悪い気持ちはしませんし、彼氏もいませんし、それに日本だったらたいしてモテませんからね。

ですから「I love you」と言われたら、「me too」ですよ。

 

ちなみに予想通り過ぎるかも知れませんが、帰国と同時に自然消滅ではありますね。

しかし私たち異国人カップルだけではなくて、日本人同士のカップルもめちゃめちゃ発生率が高いのですが、いずれも5割ぐらいの確率で自然消滅になっていましたね。

 

けれども、もっと私が情熱を持って、eメールの連絡をしていれば…、「会いに行く!」と彼が言ったのに、就活に興味がいっていた私が「忙しい」と言わなければ、結婚していたかも知れませんね。


アメリカ人の恋人探しはこちら!
▼  ▼

usadeai




サブコンテンツ

このページの先頭へ