アメリカ人男性との結婚体験談~ネットのチャットで軍人の彼氏と意気投合!

アメリカ人男性との結婚体験談

Photo by Anthony Quintano

 

アメリカ人と結婚し、現在アメリカ在住です。

主人との出会いは2007年です。
ちょうど私はワーキングホリデーでカナダに住んでいました。

たまたま当事の友達が、エアショーを見に誘ってくれたのが切っ掛けで、軍人がカッコ良く見えて、ネットで軍人の友達を探しました。

 

何人かと話す機会はありましたが、最後まで気が合って長続きしたのが、現在の主人です。

日本の文化に興味があり、ゲームやアニメが好きだと言っていて意気投合しました。

 

主人はアメリカ陸軍に所属し、当事イラクにいました。

戦闘地域にいた為、唯一私とのチャットで救われたと言ってくれていました。

ワーキングホリデーの残り滞在も少なくなった頃、当事の彼(主人)がアメリカに帰国。
観光がてら、私は日本に帰る前に、アメリカまで会いに行きました。

 

お互い最初から恋愛感情があったので、そこからトントン拍子に進み、主人が日本に遊びに来て、私の両親に紹介、その後は私が主人の実家へ行き、プロポーズという流れで、実際最初に会ってから7ヵ月後にプロポーズ、その後8ヵ月後に沖縄でゴールインしました。

 

日本人男性と違うなと思う事は、ちゃんと意見はストレートで言ってくれる事と、子供っぽくなく自分をきちんと持ち、しっかりしている人が多い様に感じます。男らしさがあると言うのも一つだと思います。

関連⇒アメリカ人女性との結婚体験談~私以外全員がほぼ外国人のパーティーで出会い結婚へ

 

結婚までに大変だった事は、最初は私の母親が快く思っていなかった事です。

しかし実際主人と会って見て、人柄を見てすぐ許してくれました。
父は、最初から大丈夫でした。

相手の両親も特に何も問題無く、快く受け入れてくれました。
今でもお互いの両親とはそれぞれ仲良しです。

 

海外生活も結構経験があった為、語学もアメリカ生活も最初から特に問題も無かったです。

ただ、主人の職業柄、結婚直後にまた1年間イラクに派遣された為、以前よりも心配度が増して連絡がちゃんと毎日取れるか不安でした。

それと、私は渡米の準備で移民ビザを申請してアメリカにやって来ましたが、主人は派遣中の為、殆ど彼のヘルプ無しで移民ビザを取得しなければ行けなかったです。(その間約1年)

 

実際結婚して良かった事は、私を「妻」や「娘の母」と見る前に、一個人として尊重してくれる事と、すごく大切にしてくれる事です。また、私と娘だけでなく、私の実の両親、妹も大切にしてくれるので、主人を選んで良かったと思います。

他には、イベント事は日本の行事とアメリカの行事と両方お祝いしています。子供も私達夫婦も、2カ国間の文化を共有出来るのは素晴らしいと思います。

 

大変な事は、主人の職業柄、長期で留守にする事がある為、主人がいない間、私が家族を守らなければいけない事。ハーフの娘に2ヶ国語を覚えさせる事、日本の両親に孫を頻繁に会わせてあげられない事などです。(里帰りは年に1、2回しています。)

 

最後に、国際結婚を望む方へのアドバイスとしては、もしご主人(奥様)が日本語が出来て、将来日本に永住する以外は、相手の国の言葉をマスターする必要があります。

コミュニケーション力が無いと、色々生活をするにあたって支障が出ます。

あとは、両家族に賛成してもらってから結婚する事をお勧めします。何だかんだ言っても、結婚は本人だけの問題では無いですから。

憧れだけでは、絶対に上手く行かないです。

 


アメリカ人の恋人探しはこちら!
▼  ▼

usadeai




サブコンテンツ

このページの先頭へ