アメリカ人女性との結婚体験談

Photo by mathiaswasik

アメリカ人女性との結婚体験談その1~私以外全員がほぼ外国人のパーティー!

私(男性)は、現在30代前半で妻は20台後半のアメリカ人です。結婚してまだ2年ほどですが、思えば数奇な出会いだったと思います。

私は地元のフィットネスジムでトレーナーをしています。ある時、お客様として来られたアメリカ人の男性を指導しているうちに、日常でも一緒に遊ぶ友人となりました。

 

ある日、いつものように彼のトレーニング指導をしていると、「~さん、今度私の仕事仲間(英会話教師をされていました)の誕生日パーティをやるんだけど、良かったら参加しないか?」と誘われ、せっかくだから参加してみようと了承しました。

面白くなければすぐに帰ればいいか、くらいの気持ちだったと思います。

 

パーティ当日、会場の飲み屋に集まった10数人は、私以外全員が外国人。

それも誘ってくれた彼は遠い席へ。ろくに英語も話せない私は、愛想笑いをしながらひたすら自分のお酒と料理を見ていたと思います。

 

(早く終わらないかな・・・)そんな私に気を使ったのか、一人のアメリカ人女性が隣りに座ってきました。

彼女は日本語が多少話せ、なぜか趣味も同じ(同じアニメのファンでした)で大いに話が盛り上がりました。早く終われなどと思っていたのも何だったのか、気が付くと連絡先を交換して、次回二人で会う約束まで取り付けていました。

 

そんなこんなの出会いから、あれよあれよと交際、同棲、結婚と流れて行きました。

思い返せば自分でも驚くような展開でした。

 

私の場合は取り立てて結婚まで、または結婚した後に障害となるようなことは無かったと思います。

これは多分に彼女のキャラクターによるものです。

日本語が話せる、日本食が大好き(寿司、味噌汁、納豆、生卵、など、私よりも好き嫌いがありません)。日本の文化が好きで、積極的に学ぶ姿勢がある。これらは、一緒に暮らしていく上でお互いのあらゆる障害を取り払ってくれました。

 

障害、はなかったと思いますが、お互いの文化の違いに驚き、感化されたことは多くあります。

例えば、彼女の1日の時間の使い方に驚きました。

私は、仕事が終わって家に帰ったら後はくつろぐ時間なのですが、彼女は明日に差支えがないのならば、0時前でも出かけたりします。それは時に遊びであったり、誰かとの約束であったり、理由は様々です。

1日中遊ぶ、というわけではなく、なにかやるべきことなどがあれば、それは1日のどんな時間帯でも行う、ということです。初めはずいぶんと面食らいましたが、今ではこの合理的な考え方に私も慣れています。

 

また、外国の方と一緒に暮らしていくなら、必ずどちらかの言葉でスムースに意思疎通が出来ないといけません。これは一緒に暮らす中で痛感しました。

喧嘩をするようなときも、自分たちの「言葉」で話せないと、仲直りも出来ません。スマホの変換なんて間に合いませんし、伝わりません。

 

それと、アメリカの人は、「記念日」をとても大切にします。

付き合い始めた日や、何か新しいことを始めた日、そして誕生日、などです。特に誕生日はお互いの日だけでなく、家族や知人の誕生日も盛大に祝います。親しい人の誕生日を忘れたり、お祝いしないことなど論外です。

 

結婚に際して、彼女の両親からの反対などはなく、とても喜んでくれました。

ただ、アメリカでも南部の方はまだ白人以外との付き合いに偏見を持っている人は多いようです。(彼女の両親は北部に住んでいます。)

恋愛と結婚の違いは基本的に日本人同士の場合と変わらないと思います。お互いの金銭管理や、将来設計など、普通のことばかりです。このあたりは、人と人との関わりである以上、どの国も変わらないと思います。

 

これまで述べてきたことなどを踏まえて、これから海外の方と結婚しようとしている方に私が特にアドバイスできることは、
 

・出会いのチャンスには怯まず積極的に

・必ずどちらかの言葉でコミュニケーションがとれること

・何かあった時は、お互い納得いくまで話しあうこと

・感情的にならない

・記念日は忘れずお祝いする

・気持ちは素直に伝える

 

などを、必ず実行してください。

 

文化が違う相手に、日本的な意思疎通だけではお互いの気持を伝えきれません。

相手が自分をどう思っているのか、また、自分が相手をどう思っているのか、それらを恥ずかしがらず、納得いくまであらゆる手段で相手に伝えていってください。

そうすれば、必ずあなたの望む「幸せ」を手に入れることができるはずです。

 

アメリカ人男性との結婚体験談

Photo by Anthony Quintano

アメリカ人男性との結婚体験談その2~ネットのチャットで軍人の彼氏と意気投合!

アメリカ人と結婚し、現在アメリカ在住です。

主人との出会いは2007年です。
ちょうど私はワーキングホリデーでカナダに住んでいました。

たまたま当事の友達が、エアショーを見に誘ってくれたのが切っ掛けで、軍人がカッコ良く見えて、ネットで軍人の友達を探しました。

 

何人かと話す機会はありましたが、最後まで気が合って長続きしたのが、現在の主人です。

日本の文化に興味があり、ゲームやアニメが好きだと言っていて意気投合しました。

 

主人はアメリカ陸軍に所属し、当事イラクにいました。

戦闘地域にいた為、唯一私とのチャットで救われたと言ってくれていました。

ワーキングホリデーの残り滞在も少なくなった頃、当事の彼(主人)がアメリカに帰国。
観光がてら、私は日本に帰る前に、アメリカまで会いに行きました。

 

お互い最初から恋愛感情があったので、そこからトントン拍子に進み、主人が日本に遊びに来て、私の両親に紹介、その後は私が主人の実家へ行き、プロポーズという流れで、実際最初に会ってから7ヵ月後にプロポーズ、その後8ヵ月後に沖縄でゴールインしました。

 

日本人男性と違うなと思う事は、ちゃんと意見はストレートで言ってくれる事と、子供っぽくなく自分をきちんと持ち、しっかりしている人が多い様に感じます。男らしさがあると言うのも一つだと思います。

 

結婚までに大変だった事は、最初は私の母親が快く思っていなかった事です。

しかし実際主人と会って見て、人柄を見てすぐ許してくれました。
父は、最初から大丈夫でした。

相手の両親も特に何も問題無く、快く受け入れてくれました。
今でもお互いの両親とはそれぞれ仲良しです。

 

海外生活も結構経験があった為、語学もアメリカ生活も最初から特に問題も無かったです。

ただ、主人の職業柄、結婚直後にまた1年間イラクに派遣された為、以前よりも心配度が増して連絡がちゃんと毎日取れるか不安でした。

それと、私は渡米の準備で移民ビザを申請してアメリカにやって来ましたが、主人は派遣中の為、殆ど彼のヘルプ無しで移民ビザを取得しなければ行けなかったです。(その間約1年)

 

実際結婚して良かった事は、私を「妻」や「娘の母」と見る前に、一個人として尊重してくれる事と、すごく大切にしてくれる事です。また、私と娘だけでなく、私の実の両親、妹も大切にしてくれるので、主人を選んで良かったと思います。

他には、イベント事は日本の行事とアメリカの行事と両方お祝いしています。子供も私達夫婦も、2カ国間の文化を共有出来るのは素晴らしいと思います。

 

大変な事は、主人の職業柄、長期で留守にする事がある為、主人がいない間、私が家族を守らなければいけない事。ハーフの娘に2ヶ国語を覚えさせる事、日本の両親に孫を頻繁に会わせてあげられない事などです。(里帰りは年に1、2回しています。)

 

最後に、国際結婚を望む方へのアドバイスとしては、もしご主人(奥様)が日本語が出来て、将来日本に永住する以外は、相手の国の言葉をマスターする必要があります。

コミュニケーション力が無いと、色々生活をするにあたって支障が出ます。

あとは、両家族に賛成してもらってから結婚する事をお勧めします。何だかんだ言っても、結婚は本人だけの問題では無いですから。

憧れだけでは、絶対に上手く行かないです。

 

マッチドットコム
アメリカ人とまったく出会いがない、もしくは出会いが欲しいという方におすすめなのが世界最大級の恋愛・結婚マッチングSNSサイト『マッチドットコム』です。(世界25カ国で展開・日本会員数も187万人以上いる有名サイトです。)

外国人との付き合いたい方に一番のおすすめSNSです。



■国内はもちろん世界中にいる多数の会員数が超魅力的!

■職業・年収・趣味・喫煙・子供の希望など40個以上のプロフィールから検索可能。

■不審な会員は強制退会になりサクラを排除

■相手との連絡は匿名アドレスでメール・チャットを利用するので安心

■カスタマーサービスで年中無休で対応


登録は無料なので安心♪▼ ▼

⇒マッチ・ドットコム公式ページはこちら