韓国人との出会い体験談~韓国人との恋愛は発言に注意するのが上手く続けるコツ

外国人と付き合ったことがあります。

出会い方は、同じ会社で働いていたことで知り合うきっかけになり、付き合うことになりました。

同じ会社とはいっても、お互いに共通点がそれほどない職種でした。

それでも付き合うことになったのは、偶然、休日に街で会ったので、挨拶をして話をしたことで急速に仲が良くなっていったからです。

 

韓国の人です。

最初は、外国人だと全く知りませんでした。

韓国の方は、色白で東洋の白人という表現をされることもあるくらいなので、私の中では、勝手に韓国人は色白というイメージがありました。

実際に、韓国人だと最初から分かっている知人では、ほとんどの人が日本人離れした色白さがあるからです。でも、日本での生活が長いと、そうでもない人も実際にいるのも目にしています。

 

結局、日本人と見た目が変わらない人だったので、相手を勝手に日本人だと私が思ってしまったことで、相手にとって、癪に障る発言に聞こえたこともあるようでした。

国際関係の話題がテレビで流れているときに、ふとボヤいてしまった私の発言から、相手の怒りポイントに触れたこともあります。そこから小さな日韓戦に発展していきました。

うまく恋愛や結婚を継続させていくには、恋愛の時点では、見た目が日本人とさほど変わりないからといって、日本人であるとは絶対に限らないので、発言に注意することが、恋愛を上手く続けるための基本だと思いました。

これは、恋愛関係にならない場合でも共通して言える大事なことです。恋愛ともなれば尚更です。

 

韓国とは長らく、歴史問題があります。

日本人は横に見ることが特徴である人種で、国際的には、という視点で物事を見ます。

韓国人や中国人は、縦に見ることが特徴である人種で、歴史上は、という視点で物事を見ます。
韓国人と付き合うならば、ここを忘れないで、付き合った方がいいと思います。

 

歴史に関して、韓国人と日本人の解釈には相容れないものがある傾向があるので、言葉は悪いですが、恋愛の美味しいところ取りだけをしたいのであれば、触れないことがベストかもしれません。
でも、ケースバイケースです。状況に合わせた判断で、その流れでが大切だと思います。

 

夫婦になっても、お互いの国からの視点というものがあることには変わらないので、横と縦に見る特性がある人種が付き合う場合は、それぞれ、付き合っていくなかで、どうするべきかを上手く探っていくしかありません。

触れないことが良さそうな相手であれば、触れないことがベストだろうし、議論できそうならば、すればいいし、ということだと思います。

でも、夫婦や恋愛関係にこういうことを絡めると、おかしくなるので、全く触れないのも変ですが、触れなさすぎるのも変なので、付き合いをする以上は、折り合いをつけるしかないと思います。

 

テレビで、この類のネタが流れると微妙な空気が漂うことに、若干苦労してきました。
良かった点は、韓国人の本音という貴重なものを聞けたことでした。
日本に住んでいるからこそ、言えた本音だろうな、と思いました。

 

韓国人の男性との出会いはこちら


アメリカ人の恋人探しはこちら!
▼  ▼

usadeai




サブコンテンツ

このページの先頭へ