アメリカ人との遠距離恋愛~どんなことに注意すればいい?

アメリカ人との遠距離恋愛

photo by Werner Kunz

 

あなたに外国人の恋人が出来て、幸せな毎日を送ってるとしましょう。

ですが、日本に滞在している殆どの外国人が、就労期間が終わればいつかは母国に帰ってしまうと思われます。

または、あなたか相手のどちらかが海外留学していて、留学期限が終わったので母国に帰ってくるパターンもあることでしょう。

その場合、自然と遠距離国際恋愛になってしまいます。もし国を越えた遠距離恋愛になってしまったら、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

 

Aさんは留学中、アメリカ人のBさんと出会いました。

いつしか同棲を始め、Bさんの家族にも紹介され、二人の関係は深まっていったようです。

Aさんの留学期間が終わり帰国が決まると、いよいよ遠距離恋愛が始まりました。Aさんが帰国して数カ月後、Bさんが日本に遊びに来て、Aさんの両親に紹介することもあったそうです。

 

最初の頃はインターネットや電話で毎日のように連絡を取り合っていたようですが、Aさんに仕事が決まるとメールをする時間も少なくなってしまいました。

Bさんも仕事の出張が多く思うように時間が取れなくなり、二人の間にすれ違いが生じてきました。

アメリカにいた頃は「いつかBさんと結婚したい」と考えていたAさんですが、遠距離恋愛が1年目に入ると、次第にBさんに対する気持ちが冷めていってしまい、Aさんから別れを切り出したそうです。

 

「二人の間には強い絆があると」信じていた二人ですが、なぜ一年程で別れに至ったのでしょうか?

お互い知らない土地で生活し仕事を優先することによって、遠距離恋愛ゆえに気持ちが段々と離れていってしまったのが原因ではないでしょうか。

いつでも会える距離に相手がいないということは、強い信頼関係が必要になります。相手から連絡がないと不安になり、生きているのかな?と心配することもあるでしょう。

例えば相手がアメリカ人で西海岸に住んでいるとすると、最大17時間の時差が常に二人の間にあります。このすれ違いが、二人の関係を邪魔する可能性もあるのです。

 

そして、外国人が恋人で遠距離恋愛をするとなると、信頼関係以上に大切なのが「二人のゴール」を決めておくことです。

離れているからこそ、お互いの気持ちに温度差が出てくるのは仕方がないことです。ですが、二人の目的が明確でないと、いつまでもだらだらと付き合っていくことになってしまいます。

 

惰性で付き合っていても二人にとっていい結果にはなりません。もちろん、遠距離恋愛で最終的に結婚に至ったカップルもたくさんいることでしょう。

その人達は、自分たちの運やタイミングを見計らって適切な判断をすることが出来たのではないでしょうか。

遠距離国際恋愛は辛い事も多いですが、お互いの環境を理解し、二人の将来をきちんと話し合っていくことが大切です。


アメリカ人の恋人探しはこちら!
▼  ▼

usadeai




サブコンテンツ

このページの先頭へ