アメリカ人彼氏との恋愛体験談~アメリカ人はファッションセンスがイマイチ!?

usa20151114

Photo by Michael Tapp

 

大学時代に一年間アメリカへ語学留学していた私は、帰国後、語学力を生かして社会人向けの英会話レッスンの補助というアルバイトを始めました。

そこで一緒にペアを組んでレッスンをする講師だったのが、アメリカ人の彼でした。

 

最初はお互いに仕事仲間として見ていたのですが、よく顔を合わせるうちに意気投合し、仕事を始めて数か月後に付き合うことになりました。

コミュニケーション方法は、もともと英会話レッスンの仕事仲間として出会っているので、もちろん英語でした。私も留学で得た英語力は持続させたかったですし、英語でコミュニケーションを取ることにはなんら抵抗はなく、どちらかというとありがたいくらいでした。

でも彼の方も日本に滞在して、日本語を勉強中だったので、たまには彼の勉強のために日本語で話すこともありました。

 

日本人と違って、やっぱりロマンティックで、愛情表現をストレートにしてくれることが新鮮でとても嬉しかったです。

でも日本人の男性よりちょっと劣るかなと思ったところは、私の彼だけかもしれませんが、ファッションセンスがあまりないところかなと思います。

だいたいいつも服装はTシャツにジーンズで、ブランドものにも疎く、一度彼がアメリカ帰国した際に私へのお土産だと言ってプレゼントをくれたのですが、それが外見は簡単に包装されただけのもの。

 

そして中身はグッチと刺繍があるものの、完全な偽物の財布でした。

でも彼はそれが本物のグッチの財布だと信じて疑っていなかったようでした。

 

その後、同棲も始めた私たちでしたが、ちょっとずつお互いの結婚観や将来への考えた方が違うなと感じることが多くなっていきました。

その頃の私たちがまだ20代前半で、まだ若かったせいもあるのかもしれませんが、具体的に結婚の話をしたり進めようとするのを彼が嫌がるようになりました。

私が思うに、アメリカ人の男性は、楽観的で個人主義(束縛されるのが嫌い)、またあまり将来まで考えずただ今を楽しく過ごしたがる性格の方が多いのかなと思います。

なので、あまりまだ若いうちに、将来の話をしたり結婚を決めるような発言をすると、重く感じられてしまうのかなと思いました。

 

結局、将来を約束したかった私と、まだ決断のできなかった彼は、その理由でその後別れることになってしまいました。

ですので、これからアメリカ人と付き合うかもしれない方は、そういったアメリカと日本の結婚観や家庭観(たとえば結婚後も、アメリカ人はあまり貯金をしないことが多い(日本のように子どもを大学に行かせる費用を両親は負担しない)などの違いをよく理解して、話し合ったうえで交際されると、私と違ってうまくいきやすいのかなと思います。

 

違う国の方と交際するというのは、当然、文化や習慣の違いがあって大変なこともあります。

でもアメリカ人の男性には、日本人の男性にはない魅力やロマンティックさもありますし、本当に愛し合ってるカップルなら違いも理解してお互いに受け止めて、ぜひハードルを乗り越えてステキな恋愛そして結婚をしてほしいなと思います。

 

アメリカ人彼女との恋愛体験談~アメリカ人女性とうまく付き合うコツとは、絶えず自分の気持ちを明確に伝えること

 


アメリカ人の恋人探しはこちら!
▼  ▼

usadeai




サブコンテンツ

このページの先頭へ